オンラインカジノ 基礎編

オンラインカジノとは

パソコン、スマートホンで遊べるオンラインゲームサイトの事です。

実際にお金を賭けてゲームをプレーし、勝ったらお金を出金する事が出来ます。

手軽に、24時間。いつでもどこでもゲームに参加できるネットカジノは、年々その魅力から、日本人の利用者も増加しています。

オンラインカジノの歴史

1994年にオンラインカジノの運営ライセンスの法律がカリブ海の小国、イギリス加盟国連邦アンティグア・パーブーダで可決されたところから始まります。

同年、オンラインカジノソフトウエア開発会社、マイクロゲーミング社創業。

1996年、オンライン決済システム開発を行うクリプトロジック社が設立され、安心して金銭のやり取りが出来るようになりました

同年、インターカジノとゲーミングクラブがオンラインカジノとして運営を開始しました。

オンラインカジノの違法性・合法性

オンラインカジノがインターネット上で運営を開始した当初は、玉石混交。

マフィア系の物から正規であっても運営が不透明でトラブルも有ったのですが、現在ではずいぶん淘汰されています。

各国政府からの運営許可証(ライセンス)をもって運営されているので合法的なオンラインゲームです。

日本国内からは、個人がオンラインカジノへアクセスして遊ぶことは違法ではありません。

ただし、友人や不特定の人を集めて遊んだりすると、カジノの元締めと解釈される恐れがあり、注意が必要です。

オンラインカジノの運営ライセンス制度

オンラインカジノをインターネットで運営する場合、現在では政府機関に審査を依頼し基準を満たしていることを証明する制度が出来ています。

この審査で発行される営業許可がオンラインカジノのライセンスで

  • UKライセンス(イギリス)
  • MGA(マルタゲーミングオーソリティー)
  • Gibraltar(ジブラルタル)
  • Isle of MAN(マン島)
  • Alderney(オルダニー島)
  • KAHANAWAKE(カナワキ:カナダ)
  • PAGCOR(パグコー:フィリピン)
  • CURACAO EGAMING(キュラソー:オランダ)  などがあります

上から順に審査が厳しいとされていていますが、イギリスのUKライセンスは、費用がかさむことからMGA(マルタ)ライセンスの方が人気があり、切り換え取得しているところが多いようです。

オンラインカジノ 入金・出金方法

入金については、クレジットカード(VISA、Master)が使えるので、手持ちのカードですぐに入金できます。

ただ、出金の事も考えると、入金出金に使用できるオンラインカジノ向けに特化した、電子通貨サービスがお勧めです。

オンラインカジノで利用できる主な電子通貨

  • 「ecoPayz」(エコペイズ)
  • 「 iwallet」(アイウォレット)
  • 「Venus Point」(ビーナスポイント)

出金方法は、入金で紹介した電子通貨サービス銀行口座送金が利用できます。

オンラインカジノの信頼性

オンラインカジノの信頼性については、ネット上のカジノが違法でないことを上の項目書いていますが、優良なネットカジノは政府の管理を受け、ライセンス認証制度も採用して営業していているので、安心できます。

こちらのサイトでは、日本人向けに実績のある安心できるものだけを紹介していますので、よろしくお願いします。

オンラインカジノの攻略法

どのようなゲームでもルール、テクニックを知らないとただの「カモ」と言えます。攻略法について知っておくと、効率よく攻略できる可能性があります。

マーチンゲール法

ルーレットにおける攻略法で有名な手法で、倍賭け法ともいわれています。

最初に1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければさらに倍の4単位、と賭け続け、勝った時点でリセットして1単位に戻して賭ける手法です。この方法では、勝った時に1単位を得るもので、 多くの場合には少額の勝ちで、負ける時は大負けする。負けが連続すると大損、もしくは掛け金の上限に達してしまう。

バーレー法

逆マーチンゲール法とも呼ばれる方法です。

最初に1単位賭け、勝てばその倍の2単位、さらに勝てば倍の4単位、負ければ1単位に戻す手法です。ただし、勝ち続けて1回でも負ければ損となるので、どこかでリセットして1単位に戻して利益確保する。大勝をする場合もあるが、多くは小敗してしまうスタイルといわれています。

ダランベール法

近年人気の手法で色々なバリエーションが生まれています。

最初に1単位賭け、負けた場合1単位だけ増やす(勝った場合は1単位減らす)手法です。大勝するほどではないが大負けもしずらい手法です。最初のベットを5単位として、勝ち負けで1単位増減させるピラミッド法と呼ばれるバリエーション手法もあります。